乾燥肌でくすみが目立ってくる仕組み

乾燥肌をそのままにしておくと、肌がくすみやすくなり暗い印象を与えてしまうことになります。
これは空気の乾燥のほか様々な要因にて肌が乾いてくることにより、肌の皮脂や水分がどんどん足りなくなっていくからです。
すると通常一定期間のサイクルで行われていた肌のターンオーバーが乱れることになり、そのせいで古い角質が残りやすくなったり、あるいは早くはがれ落ちることで肌を守るために未熟な角質がどんどん生まれてきてしまうのです。

そのせいで古い角質はくすみを目立たせることになりますし、過剰に生まれた角質が厚くなることでくすみが増して見えるようにもなるのです。
これが乾燥肌が進むとくすんでしまう、という仕組みです。

乾燥してくるとよく考えずに乾燥肌のための化粧水に頼りがちになりますが、自分の肌の状態を把握することも大切です。

そのほか、肌が乾燥してくると毛穴が開きがちになり、広がった部分に汚れがたまりやすくなることで肌がくすんで見えることもあります。
乾燥肌の影響で、これらのように様々な肌トラブルが起きやすくなり、透明感のある美しい肌から遠ざかっていってしまうのです。

こういった仕組みを理解して、肌の乾燥を少しでも感じたときにはすぐ改善させるように努力することが大切です。
肌のうるおいを維持させるため、日ごろからしっかりとした保湿を心がけ、肌のターンオーバーを整えていくようにしたいものです。

Comments are closed.